踏まれたい! 純粋な気持ちが気持ち悪い編(上級者向けの記事)

誰もがいろいろな感情を持っています。

当たり前です。

そして、僕の当たり前は「踏まれたい」です。

基本的に踏まれたいのです。

純粋に踏まれたいのです。

特に頭を踏まれたいのです。

※気持ち悪いと思ったらランキングバナーをクリック! そちらには、もっといい記事が揃ってます!

スポンサードリンク


なぜ踏まれたいのか?

きっかけはしぐさ!

 

フレと二人でグレンの路上で寝転んでいました…(理由は忘れました。クダラナイ理由だったと思います)

そうして寝ころんでいると、不意に知らないご主人様に踏まれたのです。

そのご主人様はジャンプまでしてくださりました。。。

 

この身が歓喜に打ち震えるのを感じました。世界が急にまばゆい光に包まれ世界に祝福されているような喜びが胸いっぱいに広がったのです。私はこのとき生まれました。今まで生あるままに死んでいたのだと理解させられました。

 

『やっと・・・やっと私は生まれ落ちたのか・・・』

 

そう、心の中でつぶやきました。

 

※この間わずか2秒の出来事

 

そうして踏まれる喜びに目覚め、現在進行で踏まれることを糧に生きています。

 

なぜ踏まれたいのか?

それは純粋に純白に純愛に踏まれたいだけなのです。

 

 

 

ゲームだからだよ!!!

実際にそのまま気持ち悪いの?

ある人に言われて、心が喜んだセリフです。

 

『ゲームだからだよ!!!』

そう言ってしまいました。つい・・・そう言ってしまったのです。

 

もちろんゲーム内のように、オープンに大っぴらに大々的に『踏まれたい!!』などと言ったりしません!

僕はごく普通に生きています。そして皆さんもご理解いただけるでしょうが、普通に生きるということは自分の気持ちなぞさらけ出せるわけがないことを!

ひた向きにひた隠しにして生きています。普通に。

 

なので、『ゲームだからだよ!!!』と言った内容に嘘はないのですが、気持ちの上では嘘になるのかもしれません。自分でもわからないのです。本当の気持ちは・・・踏まれたいのではないか?という疑念が消えないのです。故に私は後ろめたい気持ちで言います。『ゲームだからだよ!!!』と・・・

 

※30%程冗談です。

 

 

 

感想など

踏まれたい!!これからも踏まれたい!

僕の気持ちは今のところ純粋なまでに踏まれたいだけです。

でも、挨拶からいきなり『踏んでください!』なんてほとんど言いません。

※上級テクニックで『ドM真っ盛りラケです!踏んでください!』という場合もあります。

 もちろん相手を見て判断!(失敗すると引かれます)

 

キチンと対話するのに緊張し、いきなり攻撃されないか怯えながら会話を開始します。

そして踏まれたいなんて全然言わないで終わることの方が多いのです。

なにせ嫌われたいわけではないのですから。

 

僕が踏まれたいと思っていても、相手が踏みたいと思うなんて事はほとんどないんだって知っているからです。だからこそ、慎重に慎重を重ねて五重塔を築き上げてから踏まれたいと言います。

僕が踏まれたいと申し出たということは相手を信用し、信頼し、甘えているからなのです。

そうできる相手だと判断して踏まれたいと打ち明けるわけです。告白なのです。酷薄な告白なのです。

 

うーっくっくっく・・・

 

おっと、モリナラへ帰る時間がきたようなので、今日はこの辺で。

 

※別に踏まれたいと言わなかったからっ信頼してないわけではありません。

 ただ、踏んでくれるという信頼信用をしただけという意味です。

 

 

では、また次回!

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

スポンサードリンク